野呂一郎の 大学に行こう!

新潟経営大学で経営学を教える野呂一郎です。 大学の経営学ぅ?つまんないんでしょ、役に立たないんでしょ?って?ううん、それじゃ今時誰もついてきてくれないから面白いことやってるよ。高校生の皆さん、みてね!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

よい就職とは何か?

とにかく、就職で一番イヤなことは、その仕事に興味が持てないこと。つらい仕事。それも、どうしても好きになれない、どうやったって好きになれない。例えば、営業。営業の仕事にアレルギーがある学生はいるよ、結構大勢いるよ。営業でつらいのは、売れない商品を売らなくてはならないこと。反社会的な商品を売る仕事であれば、それはやっちゃいけないけれども、自分が売る自信のない商品を売るのは、つらい。まず、営業の仕事は、その商品が世の中にとって価値のあるものであるか、これを自分なりに判断することが必要だと思う。不幸にして、どう考えても価値がないとなれば、その会社は早晩ダメになるだろう。しかし、仮に価値のあるものだったらどうだろうか。でも営業はやりたくない。野呂も営業はよくやったが、つらいのはわかる。でも、この営業というやつ、この厳しさ、つらさは、あとあと生きるので、我慢してほしい。あつかっている商品が好きになるのがむずかしい、という君。ここがポイントだ。キライキライで逃げるから、ますますキライになる。ここでは飛び込むことだ。製品について、徹底的に勉強しよう。そうすると、何か新しい視野が開ける。ついにはその製品に興味がわくよ。そしたら、営業の仕事も楽しくなるよ。

さて、明日、日曜日と来週GWはブログをお休みにさせていただきます。
スポンサーサイト
| commnet:2 | ↑TOP |

よい就職とは何か?

仕事ってさ、受身でやっていたり、気が乗らなかったりすることが、一番つらいんじゃないだろうか。能動的に、積極的に、その仕事が好きで、燃えることができる仕事。これが一番よい仕事であり、就職であると思うんだけど。このシリーズの冒頭でいったように、だから、キライな仕事であれば、好きになればいいんだよ。好きになるためには、これも何度もいったように、視野を広げることです。その仕事に関することで、何か興味のあることを探せばいい。例えば、プロレス団体に就職したけれど、実はプロレスなんて大嫌いで、そこしかなかったからプロレス団体に就職したという君。でも君は、経理にとても興味があった。それならば、プロレス団体の経理をやればいいのだ。旅館の女将にいやいや就職したというあなた。経営に興味がなくても、もし、占いに興味があれば、人相占いを勉強すれば、旅館ならば、占断例にことかかない。まあこれはちょっと無理無理な気もしたけれど。まあでも旅館はあらゆるサービスの可能性を試せる、経営塾というよりも総合社会人学院みたいなものだから、女将がいやでも、ほかに絶対に興味のあることが見つかるはずだ。銀行に入ったけれどやだ?それは野呂とおなじです。その場合は、以前のブログに対処法が書いてあるよ。
| commnet:3 | ↑TOP |

よい就職とは何か?

要は、本気で仕事に取り組める会社、就職が一番幸せだと僕は思います。だからこそ、バカにされたり、触発されたり、ショックを受けたりして、一念発起でその道のプロになろうと決意することがもしあれば、それはしあわせへの道を歩みだしたことになると思う。もちろんバカにされなくても、自分で何とかしなくちゃ、と危機意識を持つことができればいい。危機意識をもてれば、それはチャンスだ。そこで、人間は何か行動するもんね。英語やるとか、簿記1級を目指すとか、夜間大学院に通うとか。そして、能動的に勉強、行動した先には、天職が待っているよ。いやでも待っている。それが幸せな就職じゃないかな。

だから、就職に迷っている君。ベストを尽くして、いろんなところにあたって、仮に不本意な職場でもいい。そこで悩むことだ。危機意識を持つことだ。そしてバカにされたりするとなおいい。そこで君のポテンシャルが全開するだろう。そこで君は一念発起するはずだ。本気になる。本気になったら人生しめたもの。本気になれる人生が文句なく幸せな人生でしょう。あとは楽しい就職生活が待っているよ。
| commnet:2 | ↑TOP |

よい就職とは何か?

そんな風に考えてもよいのではないでしょうか。まあ野呂が言いたかったことは、刺激を受けて初めて、人間は自分のもっている本当の伸ばすべき才能や、方向性に気づく、ということです。また、人は、生まれながらにして、何か方向性をあたえられているかもしれないと思うのです。だから、迷わずいけばいい。(ダーっ!)また多いに迷えばいい。どうせ、君の道につながるよ。運命論者みたいなことを言っちゃったけれど、それもひとつの人生の真実だと思います。きちんきちんと考えて、自分の将来になるべく有利な就職を、とみんな思うのだけれど、それはそれで正しいよ。でも絶対にそれが正しいとは、誰も言えないということも事実です。だから、あながち、野呂のいうことがでたらめとは限らない。本当に人生万事塞翁が馬なんです。なにがいいか、どんな就職がいいか、なんて、神様じゃないとわからない。生涯賃金がいい会社がいい就職だろうか、大企業がよい就職だろうか、有名な会社がいい会社だろうか。そんなことはいえません。マッチングということも大事だし、その前に、しあわせを保障してくれる会社などないということです。
| commnet:2 | ↑TOP |

よい就職とは何か?

例えば、仕事でバカにされたときだ。「なーんだそんなことも知らないの」。知識がないことを恥ずかしく思った君は、大学院にいって勉強しなおそうと、このとき決意する。「おまえ、法学部のくせに、契約書も読んだことないんだ」。こういわれた君は、丸山弁護士になろうと、次の日、会社を辞めて法科学院に入学を決める。「おまえ、経営学部のくせに、貸借対照表も読めないのか」。そういわれた君は、残業をやらずに大原簿記学校へ行き、パンフレットをもらう。そう、こういうときが来るのだ。社会人になると、必ず来るのだ。バカにされる、知識がないことをからかわれる、自分よりはるかに専門知識や技術をもっている先輩や、上司を見てショックを受ける。こういう経験を必ず、君もするのだ。

明日あさって、土日はブログお休みです。来ないで。

| commnet:2 | ↑TOP |
| ホーム |
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
プロフィール

野呂一郎

Author:野呂一郎

1957年札幌市生れ、上智大学法学部卒業。
米国エッジウッド大学大学院経営管理研究科修士課程修了、MBA。
(財)社会経済生産性本部認定経営コンサルタント。
(社)日本能率協会国際部、米国エッジウッド大学講師、
米国Information Resource Systems Inc. リサーチャー
千葉商科大学非常勤講師等を経て、現在 新潟経営大学教授。
また、英国国立ウェールズ大学大学院MBAプログラム教授として
社会人MBA教育にも携わる。
昨年上梓した「ナウエコノミー 新・グローバル経済とは何か」では、2000年からは、これまでのニューエコノミーが“ナウエコノミー”に変わったと論じ、すべての日本企業に改革を迫っている。

その他の著書:
「HRMとは何か」(多賀出版)
「食品の経営学」(共著、学文社)
「プロレスの経済学」(オーエス出版)
「実践経営学」(共著、学文社)

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。