野呂一郎の 大学に行こう!

新潟経営大学で経営学を教える野呂一郎です。 大学の経営学ぅ?つまんないんでしょ、役に立たないんでしょ?って?ううん、それじゃ今時誰もついてきてくれないから面白いことやってるよ。高校生の皆さん、みてね!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

?経済学部か経営学部か

?経済学部か経営学部か


バリ経営学部だ。経済学部って何を勉強するか、って?経済学部はね、二つのことをするんだよ。まずひとつは、経済に関することばを覚え、理解することだ。例えば、国民総生産とか、日銀とか、貨幣とか。経済を動かす指標や概念を学ぶというとだね。もうひとつは数学さ。経済に関するデータを検証するために、様々な数字を要素とする方程式を解く。

から、経済学部で学ぶためには微分積分に代表される数学の素養が必要だ。しかし、多くの人にとっては数学は難しいから、前者の経済に関することばを中心とした勉強を中心とするような学び方もできる。

ころで、経済学って役に立つのだろうか。経済の専門家をエコノミスト、と呼ぶ。エコノミストの能力は、経済を予測できるかにかかっている。でも、バブル崩壊をあてて見せたエコノミストは、植草さんしかいなかったといわれている。アメリカの経済誌フォーチュンによれば、アメリカのエコノミストの予測は素人以下であるとデータが示している、という。

呂が考えるのに、複雑さを増した世界はかつての経済の方程式に、これまでにない変数(要素)がたくさん入り込んで、計算ができなくなっている。最近は経済学も、人間の行動を研究する新たな領域が盛んになってきているけれど、人の行動を数式化することなど、できないのではないか。激変する環境に、人々の行動もさらに複雑さを増すだろう。経済学に関しては、このような批判が近年とみに強くなってきた。

スポンサーサイト
| commnet:2 | ↑TOP |
コメント
野呂のもう一つのブログ、みて!
今日は経済学について論じ始めているんだけれど、もう一つの  野呂ブログ、
「野呂一郎の経営一口メモ」
http://blogs.yahoo.co.jp/master_noro
の今日の記事「格闘技の経済学」
?極真カラテの悲劇に経済学と経営学の違いが
詳しく書かれています。是非みてください。
2007/02/23(金) 17:31:57 | URL | 野呂一郎 #-[ 編集]
今日、明日はお休み
今日と明日はお休みです。
来ないで、がっかりだよといわせたくないから。
2007/02/24(土) 00:13:20 | URL | 野呂一郎 #3/VKSDZ2[ 編集]
コメントする














秘密にする

 
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
プロフィール

野呂一郎

Author:野呂一郎

1957年札幌市生れ、上智大学法学部卒業。
米国エッジウッド大学大学院経営管理研究科修士課程修了、MBA。
(財)社会経済生産性本部認定経営コンサルタント。
(社)日本能率協会国際部、米国エッジウッド大学講師、
米国Information Resource Systems Inc. リサーチャー
千葉商科大学非常勤講師等を経て、現在 新潟経営大学教授。
また、英国国立ウェールズ大学大学院MBAプログラム教授として
社会人MBA教育にも携わる。
昨年上梓した「ナウエコノミー 新・グローバル経済とは何か」では、2000年からは、これまでのニューエコノミーが“ナウエコノミー”に変わったと論じ、すべての日本企業に改革を迫っている。

その他の著書:
「HRMとは何か」(多賀出版)
「食品の経営学」(共著、学文社)
「プロレスの経済学」(オーエス出版)
「実践経営学」(共著、学文社)

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。