野呂一郎の 大学に行こう!

新潟経営大学で経営学を教える野呂一郎です。 大学の経営学ぅ?つまんないんでしょ、役に立たないんでしょ?って?ううん、それじゃ今時誰もついてきてくれないから面白いことやってるよ。高校生の皆さん、みてね!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

絶対に大学に行け!?世の中の仕組み

?世の中の仕組み


 でも、その勉強がつまらなかったとしたらば、それはおとなの責任なのさ。世の中が、勉強できる人と、できない人を分けてしまうからだ。それは大人の社会にとって都合がいいことだからだ。

 そもそも、勉強ができる、できないなんて、どうでもいいことなんだよ。勉強をする、ということだけに意味がある。個人個人違うんだから、学ぶことに対して、消化することが早い人もいれば、疑問を持ったり、自分で考え込んだりしてゆっくりの人もいる。
 なかには、最初からそのことに興味を持てない人だっている。でも世の中はそんな個人個人の差なんか、かまっちゃくれない。なぜならば、一人ひとりかまっている時間と余裕が世の中にないからだ。

 一定時間内にできる子供は優秀な子供、そうじゃない子供はできない子供というように分けないと、世の中の仕組みがうまく回って行かないようにできているからだ。面白い授業なんてあまりない。それは学校には教育指導要領というのがあって、つまり上のほうで決めたカリキュラムを学校の先生たちは消化しなくちゃならないからだ。
 勉強が面白くなくても当然、みんなが面白く感じることや、工夫して面白く、楽しく教えることが、そんな制約のなかではできないからなんだ。

スポンサーサイト
| commnet:0 | ↑TOP |
コメント
コメントする














秘密にする

 
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
プロフィール

野呂一郎

Author:野呂一郎

1957年札幌市生れ、上智大学法学部卒業。
米国エッジウッド大学大学院経営管理研究科修士課程修了、MBA。
(財)社会経済生産性本部認定経営コンサルタント。
(社)日本能率協会国際部、米国エッジウッド大学講師、
米国Information Resource Systems Inc. リサーチャー
千葉商科大学非常勤講師等を経て、現在 新潟経営大学教授。
また、英国国立ウェールズ大学大学院MBAプログラム教授として
社会人MBA教育にも携わる。
昨年上梓した「ナウエコノミー 新・グローバル経済とは何か」では、2000年からは、これまでのニューエコノミーが“ナウエコノミー”に変わったと論じ、すべての日本企業に改革を迫っている。

その他の著書:
「HRMとは何か」(多賀出版)
「食品の経営学」(共著、学文社)
「プロレスの経済学」(オーエス出版)
「実践経営学」(共著、学文社)

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。