野呂一郎の 大学に行こう!

新潟経営大学で経営学を教える野呂一郎です。 大学の経営学ぅ?つまんないんでしょ、役に立たないんでしょ?って?ううん、それじゃ今時誰もついてきてくれないから面白いことやってるよ。高校生の皆さん、みてね!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

?キミはだまされている

?キミはだまされている


 みんなはおそらく自分について誤解をしている。もっと実はできるんだ。だけれど、そんな無意識のうちに行なわれる選別で、自信を持てないでいる。そんな高校生が多いんじゃないか。そして勉強が嫌いになる。勉強なんて高校まででたくさんだ、とね。

 でもちょっと待って。さっき言ったようにそもそも勉強って楽しいものなんだ。人間にとって、ご飯を食べるように自然な行為なんだ。「受験」ということばがある。受験勉強、とかいうように、つらい、きつい、イヤだ、そんなイメージがある。しかし、考えてもみろ、試験なんて何のためにやるのさ。学ぶことが大事なんであって、試験なんて、学んだことを試す、なんてことやられちゃえば、学ぶことなんか楽しくなくなるのは当たり前だ。

 そう、受験というのも、世の中の大きな仕組みのひとつで、理不尽に人間を選別しようということだ。速く勉強ができる人がそこでは有利な扱いを受ける。でもそんな受験があるから、勉強嫌いが加速する。こんな不幸なことが、もう何十年も続いている。なによりも、よくないのは、本来楽しいはずの、人間としての生きがいのはずの学ぶことが、苦しく、つらい、イヤなことになってしまうことだ。
スポンサーサイト

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

| commnet:0 | ↑TOP |
コメント
コメントする














秘密にする

 
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
プロフィール

野呂一郎

Author:野呂一郎

1957年札幌市生れ、上智大学法学部卒業。
米国エッジウッド大学大学院経営管理研究科修士課程修了、MBA。
(財)社会経済生産性本部認定経営コンサルタント。
(社)日本能率協会国際部、米国エッジウッド大学講師、
米国Information Resource Systems Inc. リサーチャー
千葉商科大学非常勤講師等を経て、現在 新潟経営大学教授。
また、英国国立ウェールズ大学大学院MBAプログラム教授として
社会人MBA教育にも携わる。
昨年上梓した「ナウエコノミー 新・グローバル経済とは何か」では、2000年からは、これまでのニューエコノミーが“ナウエコノミー”に変わったと論じ、すべての日本企業に改革を迫っている。

その他の著書:
「HRMとは何か」(多賀出版)
「食品の経営学」(共著、学文社)
「プロレスの経済学」(オーエス出版)
「実践経営学」(共著、学文社)

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。